MAHIZO ‘パリの空の下’

MAHIZO:
佐藤正道 Masamichi Sato (Pf)
長谷川英喜 Hideki Hasegawa (Ba)
野村陽三 Yozo Nomura (Dr)

佐藤正道

愛知大学モダンジャズ研究会にて、ジャズピアノに転向。
環境に恵まれ、在学中より学外での演奏も経験する。現在は、東海地区を拠点に活動を展開する。
2007年より日本を代表するベーシスト中山英二氏との愛知ユニットに参加し、定期的に東海・北陸地方などでのツアーにも参加する。

2010年11月ビブラフォンとピアノによるCD『Duet/山下真理&佐藤正道デュオ』を発表する。
2012年、MAHIZOを結成、独自のサウンドを追求し、ピアノトリオやカルテット編成にて活動を開始する。
2016年9月、吉良町intelsatのプロデュースによりライブレコーディングのCDを発表する。

http://msatopf.blog92.fc2.com

長谷川英喜

三重県に生まれ14歳からギターを始める
20歳の時にジャズを知りウッドベースに転向する。基礎や理論を独学にて学び、
さまざまなセッションを経て三重県に在住しながらプロベーシストとして東海三県で活動。
ジャズのみにならず幅広いジャンルに精通しレコーディングにも参加。現在は拠点を愛知に移し年間250を超えるギグをこなす。
エモーショナルで大胆かつ自由なアプローチが持ち味のベーシスト。

野村陽三

愛知県出身。中学のブラスバンド部に入ったことからドラムを始め、仲間とロックやメタルのバンドを組みライブをするようになる。
大学に入るとビッグバンドに参加するようになり、ジャズや、アコースティックな音楽に興味を持ち始め、佐竹伸泰氏に師事、ライブ活動を始める。
現在は『温度のある音を』をモットーとし、ジャズ、ポップス、ロック、音楽の枠を越え、写真、書道、語り、浄瑠璃、などとも共演する。
東海地区を中心に様々なセッションやバンド、レコーディングで活躍中。