the Crib ‘Orion’

Orion composed by Kento Yamamoto

the Crib

山本健人(Leader,Tb)
山﨑貴大(Sax)
荒川岳大(Gt)
水野真志(Pf)
梶祥太郎(Ba)
七福(Ds)

山本 健人

幼少期にピアノを始めたが、中学時代に管弦楽部に在籍し、トロンボーンに出会う。
高校に進学し、「Free Hills Jazz Orchestra」に在籍し、ビッグバンドジャズに出会う。
高校卒業後、名古屋芸術大学へ進学し、Jampa Swing Orchestraに在籍し、山野ビッグバンドジャズコンテスト、東海ビッグバンドコンテストなどに出場。東海ビッグバンドコンテストにて優秀ソリスト賞を受賞。
現在、ビッグバンドジャズやファンク、クラシック、ポップス、ラテン音楽、また舞台バックバンドなど、ジャンルを問わず多方面で活動する。

トロンボーンを佐野聡氏、早川秀一氏に師事。
ジャズポップス演奏法、理論を佐野聡氏、野々田万照氏に師事。
ジャズピアノをDonald Robert Schwekendiek氏に師事。

現在、自身のバンド「The Crib」の他、「AUTOBAHN Jazz Orchestra」「B-STYLE Big Band」など様々なバンドで東海地方を中心にイベント、ライブを中心に精力的に活動している。
また、バンドクリニックや個人レッスンなども行っている。

山崎貴大

東海地方を拠点に活動するSaxophone Player。
13歳でSaxを手にし、独学で基礎をマスター。
高校卒業後、2005年に名古屋芸術大学にて野々田万照氏と出会い、弟子入りを決意。
本格的にプロの道を志す。
同年からライブ活動を開始し、FUNK,JAZZ,LATINをベースに東海地方を中心とした様々なイベントに出演。
同時に自主ライブも積極的に行う。ライブ以外にもレコーディングや、舞台バックバンド等にも参加。
圧倒的な音圧とリズム感の良さを長所とし、
且つメロディアスなアドリブにも定評がある。
ミュージシャンはもちろんのこと、その他関係者からの信頼も厚い。
後進の育成にも力を注ぎ、特に東海地方の中高生からの支持が厚く共演することも多い。
またプロ活動を開始以降、有名ミュージシャンとの共演も多く、自身の成長には多大な影響を与えている。

現在は自身がリーダーである
「AUTOBAHN JAZZ ORCHESTRA」
「M-JOINT」
で精力的にライブ活動を行っている。

荒川岳大

1979年1月23日 兵庫県姫路市に産まれる。

母の影響で4歳からピアノを初める。14歳でギターに転向。学生時代はロックを中心にコピーバンドで活動する。

19歳から1年間カナダのバンクーバーに語学留学。地元のロック、ファンクバンドに混じりライブバー、ライブハウス等で演奏活動をしファンク、ジャズなどから影響を受ける。

20歳でBerklee College of musicに入学。在学中にBret Willmott、Bruce Saunderらに師事。

卒業後はLAに渡り、音楽演奏、専門学校等で音楽指導をしながら、Kurt Rosenwinkelに師事する。
25歳で帰国。その後、東海地区を中心に、幅広いジャンルでアーティストやCMなどのレコーディング、BIG HORNS BEE(米米クラブ)、五島良子、うたまろを始め数々のアーティストのライブサポート。また高橋誠6(Gipsy Jazz)、The Crib(Funk系バンド)などのバンドに参加、自己のバンド、音楽プロデューサーとしても活動中

水野真志

高校生までクラシックピアノを学び、ポップス&ジャズに転向。現在はSoul Band『BBQ』、Oldies Band『Baileys』、Funk Band『The Crib』、弾き語り演奏、自身のジャズカルテットやトリオ、各種イベントやパーティ演奏など、ジャンルを問わず活動している。ライブイベントを主催したり、各地でレッスンも行ったりと音楽普及にも尽力している。

梶祥太郎

中学生でクラシックギターを手にし、卒業と同時にベースへ転向。
高校生でロックバンドを結成し、サポート活動も開始する。
その後名古屋芸術大学へと入学し、基礎や理論を学ぶと同時にソウルミュージックに大きな影響を受ける。
現在ではメジャー、インディーズアーティストのサポートから、jazz,funk,latin,gospelなど様々なジャンルでのセッションで活躍中。

丹羽“七福”和久

1965年生まれ。幼少よりハードロックに目覚めるが、その後数々のスタイルに感化され、現在はロック、ポップス、ヘヴィメタル、ビッグバンドジャズ等、ジャンルにとらわれずに活動中。ヤマハ音楽教室、名古屋芸術大学等で後進の指導にもあたっている。